MENU
プロフィール背景画像
もけ
作業療法士
北の大地に生息してます。
女ですが大好きな嫁がいます。

嫁との生活のを豊かにするべく、
浪費家から投資家へ進化しました。
嫁・温泉・グルメ・車が好きです。

「電子書籍リーダーを使ったことが無い人」へ。Kindle Paperwhiteの良さを聞いて欲しい。

  • URL Copied!

こんにちは、もけ(@moke__L)です!

今回は私の愛用品である

kindle paperwhiteをご紹介!

電子書籍リーダーをお持ちですか?
もしくは、手に取ったことはありますか?

もけ

スマホやタブレットで
読めるのに…

電子書籍リーダーを
あえて買う意味って?

(↑過去の自分)

結論から言うと、

電子書籍リーダー
すごく便利。

結論
・本棚が不要になる
・どこにでも持ち歩ける
・噂以上に目が疲れない
・ほぼ紙を読んでいる感覚

時間さえ許せば、読み終える
タイミングを失うことになります。

無限読書編へ突入です。

鬼滅の刃
出典:鬼滅の刃

よもやよもやだ。
本があったら、読んでたい!!

kindleの記事なんて腐るほどある中、この記事を読みに来てくれている人へ。

まごころをこめて
解説していきます

1ミリでも読書が好きで、まだ電子書籍を体験したことが無い人は、ぜひお付き合いください!

電子書籍リーダーはまだハードルが…

そんなあなたは、まずkindle unlimited電子書籍の読み放題を体験してみましょう!

kindle Unlimitedの
本気プレゼンはコチラから!

目次

そもそも電子書籍リーダーとは?

電子書籍リーダーとは?

先に確認すべきは、電子書籍リーダーはスマホ・タブレットは別物という点。読書専用機器です。

電子書籍リーダー
読書に特化した電子機器
(=読書以外には使えない

電子書籍リーダーは、スマートフォンのような月額通信費はかかりません。1度買ってしまえば、持ち運べる自分専用の本棚が手に入ります。

もけ

電子書籍リーダーを
カンタンにまとめるよ。

  • 読書に特化した電子機器
  • ブルーライトが発生しない
  • たくさんの本が端末1つに収まる

ブルーライトカット、してますか?
スマホやPCを使う方はコチラもどうぞ!

電子書籍リーダーの選び方は?

前提として押さえておくべきは

KindleはAmazonから
・Koboは楽天市場から

   購入するという点。

電子書籍リーダーは、基本的に電子書籍を販売しているストアを運営する会社から販売します。

カンタンに言えば、

Amazonが販売する「Kindle
➡Amazonにある電子書籍

楽天が販売する「Kobo
➡楽天市場にある電子書籍

を購入することになる、という感じです。

購入するときは、スペックだけでなく
電子書籍ストアもチェックしましょう!

大昔の廃版などでなければ大体あるとは思いますが…事前にそのストアで「自分が読みたい作家やタイトルを取り扱っているのか」を調べておくと良いですよ

※複数のストアを使っている人は、幅広いストアに対応している種類が適しています。

Likebook Mars はAndroid搭載で、アプリから様々な電子書籍が読めます。

「自分、アプリ行けます」

※漫画や写真集などを見たい人
サイズや容量からも検討!

今回はあくまで活字を読む人を想定。
kindle paperwhite」を紹介します。

ちなみに私は楽天ユーザーのくせに、
Kindle paperwhiteを使っています。

kindleを使う理由
・機能と見た目が好き
・kindle unlimitedを使いたい
・koboよりkindleストアのほうが使い勝手が良く好き
(スマホアプリの使用感)

大体こんな感じです。(笑)

私は思い立ったらさっと調べて直感と情報を合わせて決断即行動するタイプです…。「私にはkindleだ!」と思ったら手元にkindleがいました。

kindleユーザーとして、後悔なく愛用しています。

目移りもゼロです。

もし電子書籍リーダーを買いたいと
言っている友人がいたら、kindleを勧めます。

kindle paperwhiteとは?

kindleシリーズの概要

Kindleとは?
Amazonが出している電子書籍専用端末および、電子書籍関連サービスのこと。

Amazonで購入した本を
読むためだけの端末です。


Amazon版の読書専用機です。

綾波レイ
出典:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

kindle本「ここでしか生きられないの」

kindleのアプリや、電子書籍リーダーを持っていれば、Amazon上でKindle版の書籍を購入・ダウンロードして読むことができます。

Kindleシリーズの違いは?

Kindleにはいくつか種類があります。

Kindle
Kindle PaperWhite
Kindle Oasis
Kindle キッズモデル

お手軽なのがkindle。
中堅がKindle PaperWhite。
最上位に君臨しているのがKindle Oasis。

(聞こえが悪い)

※キッズモデルとは
Kindle + カバー + 子供向け本の読み放題サービス(1年間)のセットで10,980円

なぜ「kindle paperwhite」がおススメなの?

薄い!軽い!
すごい!

という具合に(伝わらない)

Kindle PaperWhiteはコスパが
もっとも良いからです。

kindle paperwhiteは、
無印Kindleより少し高いです。

が。

今後電子書籍リーダーを長く愛用するのであれば、kindle paperwhiteをおすすめしたいです。

その理由は…

  1. 32GBが選べる
    (kindleは8GBのみ)
  2. 解像度が良く文字が鮮明
  3. 薄くて軽くて読みやすい
  4. 防水機能がついている

容量が多くて、鮮明で、
薄くて軽くてお風呂でも使える。

これだけ揃っていれば、
最高の読書ライフが実現できます。

風呂で無限読書が捗ります。


全裸で本を読むと、本の内容が「体の隅々」までに馴染むように入ってきます。嘘です。


でもこれ、はかどります。

ジップロックに入れなくて済むから…。

もちろん「より良い機能」となれば

・漫画も見開きで読めて
・自動明るさ調整ができて
・スムーズなページ送りボタンもある

最上位のKindle Oasisを選べばいいのですが…

少々高いんです。

余力があって、より快適な電子書籍での読書ライフを送りたい方は、オアシス一択です。ページ送りの反応スピードが全然違います。

ただ、機能や価格面のコスパで言えば
Kindle Paperwhite一強です。

kindlekindle paperwhitekindle oasis
価格8,980円~13,980円~29,980円~
ディスプレイ6インチ
反射抑制スクリーン
6インチ
反射抑制スクリーン
7インチ
反射抑制スクリーン
容量8GB8GB/32GB8GB/32GB
解像度167ppi300ppi300ppi
フロントライトLED4個LED5個LED25個
防水機能なしありあり
接続Wifiwifi または
wifi + 無料4G(ブラックのみ)
wifi または
wifi + 無料4G
参考までに
何となくわかった気になれる表

kindle paperwhiteを購入したメリット

実際にkindle paperwhiteを購入し、電子書籍リーダーデビューして感じたメリットを11個ご紹介します。

購入して感じた11のメリット

11ってどう考えても多いだろ

思っているそこのアナタ。

私もそう思います。

サクッと感想書いていきます。
風が吹いたとでも思って流して下さい。

(むしろメリットデメリットが本編)

コンパクトに持ち運べる

クマと比べてもこんなに薄い。

薄くて軽いのが本当に良いです。

167 mm x 116 mm x 8.18 mm。
182gという軽さも○

本1冊分の重みで、
本棚丸ごと持ち出せちゃいます。

最近バッグをミニマリスト化した私も、余裕で入って良い感じです。

いい具合にスキマに収まる。
可愛いやつ。

車の中や、カフェで、
寝る前のスキマ時間に枕元にも。

どこでも一緒。

本棚がまるごと一台に

本は実物が一番!

とか言っていたのも忘れて寝返りました。

本は、場所を取ります。

漫画は並べておくだけでうっとりしていましたが、なんだかんだで滅多に読まない。

そして本が増えるほどに本棚分の場所も取られる…。日焼けも気になる…。

引っ越し貧乏の私から言わせれば、

書籍を入れた段ボールは重過ぎる!!

そんな常識、
ひっくり返す!!

某モバイルお姉さん

Kindle1つに集約させて、

本棚から解放されました。

Kindle Paperwhiteは薄い

目安ですが32GBなら漫画約700冊小説約8000冊ほど持ち歩けます

8GBと比べて、4倍の容量差。
価格差は2000円程度。

余裕があれば32GBを買っておくのもありです。

が、

仮に入りきらなくても大丈夫です。

ここでいう容量はあくまで
ダウンロードできる容量】です。

容量以上の書籍を買っていたとしても、ダウンロードして読むことができます。

入らない分はクラウドに保存される
購入した本は消えません

結局8GBで容量を超える本を抱えても、ダウンロードし直し放題です。余裕があれば32GBに越したことはありませんが…

軽くて手も疲れない

軽いので手が疲れない。

え?

それだけです(笑)

ページをめくる手を作らなくていいので、楽です。これが言いたかっただけです。すみません。

紙の本よりも安い

この本おススメです。

こんな感じで、Kindle版のほうが
数十~数百円ほど安いことがほとんどです。

kindle電子書籍限定のセールもやっていて、半額とかお得に購入できますよ。

好きな時にその場で読める

今日あの本発売日だ!
買いに行くか!

そんなことも不要です!


欲しいと思ったらすぐに
購入・ダウンロード・読書開始。

便利な時代です。

好きな時に読み進められる

無論、ブックマークは簡単に飛べます。

立ちあげれば、途中で閉じたところから
自動で開始してくれるのでスムーズです。

充電の持ちがやたらと良い

1回の充電で数週間持ちます

いつ充電したのか忘れます。

一日30分使うくらいなら、
3週間くらい持つらしいです。
(公式曰く)

スマホのように
充電がやばい!

そう気にする必要はありません。

【重要】目に優しい

光量の調整はもちろん調整可能。

暗いところでも、
明るいところでもしっかり読めます。

暗闇でのkindle
真っ暗な部屋で
明るさ半分超にしたイメージ。

スマホのような液晶ではなく、
電子ペーパーです。

「e-ink」という特殊なインクを使っていて、画面が光るのではなく、画面に光を当てています。

つまり。

ブルーライトが
ありません。
(ここ超重要)

明るい日差しの中でも、
まぶしい光の反射もしません

本物の紙のような読み心地です。

その質感にはびっくりしました。

あ、真っ暗な所で読んだら
目に悪いですからね。

もけ太

目を大事に!!

ブルーライトカットメガネ、持っていますか?

電子書籍リーダーを買わずに、まずはkindleアプリでお試しする人は…必須アイテムです!スマホから目を守りましょう!

風呂でも読める

Kindle PaperWhiteから付いた防水機能

濡れても平気。
水の中に落としても大丈夫。

夢のバスタイムです。
必然的に長風呂になります。

ちなみにぬるま湯派です。

辞書機能がある

kindle文字の大きさ
ちなみに最小フォントサイズは
これくらいです。

ページの中で分からない言葉があれば、その言葉をなぞってすぐに調べられます。

意識高い本で、横文字に苦戦した時など…地味に便利です。

最大の便利機能『ハイライト』

この機能が一番便利。

  • マーカーみたいに印をつけられる
  • kindleはもちろん、スマホで見返せる
kindleのハイライト例
見返しやすい。

書籍記事の時には重宝しています。

重宝しています。

こういう記事はハイライト機能を存分に使って、読み直しつつ書いています。

kindleのメリットまとめ

11個のメリットを紹介ましたが…
何より電子ペーパーが最強です。

驚くべきは画面。
本物の紙を見ているかのよう。

目に優しいって簡単に言いますが、
本当にスマホ画面と比べ物にならない優しさ。

母なる大地のような
やさしさです。

kindleが向いている人は?

上記メリットに興味が沸いた人。

適当じゃないんです!

  • 電子書籍に切り替えたい
  • kindleでスマートに読みたい
  • 目に優しい読書がしたい
  • お風呂でも読みたい

心当たりがあれば
購入検討してみてください!

kindleを購入して感じたデメリット

続いて気になるデメリット。

無理やりひねり出しました(笑)

kindle7つのデメリット

kindle版がないと読めない

あまりないケースですが、
取り扱ってないと切ないです。

(今のところまだ出くわしていません)

書店のような「出会い」は少ない

本屋さんで歩き回って買うの、楽しいですよね。

本屋さんで当てもなくうろうろして、本との新たな出会いを求めるナンパ師。私以外にもいますよね?

表紙、帯、棚の特集。
気になったら手に取って買ってみる。

本屋で本選びを楽しむ人は、
向かないのかなと思ったり。

でも私は本屋さんで気になったものがあれば、
後でKindle版を買ってます。

電子書籍ストアでは、関連したおすすめも出てきます。

そういった意味では出会いはありますよ!

※手元に置いておきたい本は、書店で購入しています

漫画などイラストの表示に数秒かかる

「e-ink」の特性上、黒塗りが多いページはインク表示が追い付かず、数秒の遅れが出ます。

私は今のところ漫画は読んでいないので、
表示で数秒待つくらいです。

ペー仕送りの速度が気になる場合は、kindleオアシスでかなり改善されますよ!

立ち上げがあるので、本ほどの気軽さはない

  1. Kindleを開く
  2. ライブラリから書籍を選ぶ

という立ち上げが必要です。

これも慣れればすぐで、
気にしたことはありません。

ぺらぺらとすぐにめくって調べたい人は、勉強等に使う参考書系は紙のほうが便利そうですね。

はじめは操作に違和感あり

「なんかもったりしてる」
 ↑最初の素直な感想

スマホのようなサクサクな操作感
イメージしていたので、最初はびっくり。

スマホに比べると遅いですが、何秒もロードするような長さではありません。インクの表示が追い付けばすぐです。

でもなんだか不思議な使用感。面白いです。

どうしても使い始めは

「画面が切り替わる挙動」

その辺に違和感を持つかと思います。

慣れます。

「本物の紙のような」
「液晶画面ではない何か」です。

速度重視の方は、kindleオアシスがおすすめです。

基本的にモノクロ

電子書籍リーダーは基本的にシロクロです。

(カラーの電子書籍もあります)

活字を読むなら
白黒で問題ありません。

デメリットを上げたいのに、
特段困らないことに困惑しています。

読み始めるとやめられない

読書を一度始めると止まらない。

電子書籍の目のやさしさが癖になり、
時間があっという間です。

Kindleにすると…
目の疲れから解放された分、
余計に時間を忘れます。

1冊読み終えるまで止まらないです。

30分だけ読むとか出来ないです。

楽しいです。

Kindleが向かない人まとめ

  1. 本を捨てたくない人
  2. 圧倒的なパケ買い派の人
  3. 本をパラパラと手でめくりたい人

すごく便利なので、
個人的には最高に買ってよかったです。

紙をめくる感覚が好きな人は、
ちょっと待ったですね。

購入にあたって検討すべきこと

各モデルの比較

前半で紹介した、グレードの比較です。

詳しくは表を見返しに行くか、
こちらの商品画面で見比べてきましょう。

4色のカラーバリエーション

Kindle Paperwhiteは4種類の
カラーバリエーションがあります。

  • トワイライトブルー
  • プラム
  • セージ
  • ブラック

カバーもあるし、
結構可愛い色してますよ。

私は黒です。
(下着じゃなくてkindleの話です)

オプションの選択

購入するときに、以下のオプションを選べます。

  • Wi-FIか、Wi-Fi+無料4G版
  • 広告付きか、なしか

wi-fi版か4G版か。

wi-fiがあるところでしかインターネットに繋げないものか、4G回線を使っていつでもどこでも繋げられるか。

4G付きだと+5000円。

家で書籍をダウンロードしておけば、オフラインで問題ありません。

wi-fi版でも十分ですね。

もし家にWi-Fi環境がない場合は検討です!

広告付きは後から消せない

広告付きにすると、Kindle画面内で広告が表示されるようになります。

広告の箇所はこの2か所です。

  • ロック画面
  • ライブラリ下部

読書中には
表示されません。

正直広告ありで全然気になりませんが、気にする人は広告なしを選びましょう。

広告を後から消すことはできないので

ちなみに、広告の有無で約2000円の差。

初めてならKindle Unlimitedが超おススメ。

Kindle Unlimited月額980円で、
対象の書籍が読み放題です。

初回30日間は無料で利用することができます。

コチラで本気で解説しているので、
ぜひ見てみて下さいね!

こういうのも色々読めます。

kindle電子書籍リーダーを購入すると、3か月分のkindleアンリミテッドの使用権も付いてきます。

①kindle購入前にスマホで無料体験
②kindle paperwhite+3か月権利をGet

のパターンもありです。
(合計4か月分が無料)

月に2~3冊以上読むなら余裕で元がとれてしまう計算。

非常におすすめです

Kindle端末じゃなくても、
スマホのアプリから読めます。

試しにどれくらい使用するのかを考えるためにも、ぜひ登録してみては?

\ 初めての人は30日間無料 /

kindle unlimited30日間の無料体験はコチラ。

私が書籍記事を書いているのも、ほとんど読み放題作品です。(読み放題対象タイトルは随時入れ替わります)

読書をする人にとっては、月額分をあっという間に回収できるお得なサブスクです。

でもあえて注意喚起をします!

ゆっくり読書を楽しむ人は、月額料金分の回収に至らないのであれば、継続課金する必要はありません。

無料期間中に解約しましょう!

サブスク貧乏には
ご注意を!!

あわせて欲しい便利グッズ

kindlepaperwhiteの
画面保護シートはおススメ。

黒だと画面の汚れが気になります。

あとは、バッグの中などで直に入れたくない人のために、専用カバー。

おしゃれに持ち歩けるし、
ここはお好みですね。

結論:電子書籍リーダーkindleは最高

Kindleで電子書籍デビューした感想は

Kindle 最高

「本はやっぱり紙でしょ」
といっていた私は消えました。

盛大なてのひら返しです。

新しい常識にシフトしたい人

風呂で本を読みたい人

目に優しい無限読書をしたい人

本棚を手放して
ミニマリストになりませんか

読書が好きなら毎日使います。

持っているだけでもなんかお洒落だし、カフェでじっくり読書を楽しんだら、イイ感じです(笑)

この機会に、Kindleデビューをしてみてはどうでしょうか?

さあ一緒に、

スマートな読書を
手に入れよう。

ありがとうございました!

Kindle Paperwhite購入はコチラ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

フォロー待機中!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる